小旅行その3

最終日、朝食後に足早にバス乗り場へ。
CORKからWATERFORDまでバスで約2時間ちょっと。
着いた時に気づいたのが、帰りのバスの時間。
GALWAYにはLIMLICK経由で帰る必要があって、その最終バスが16:50。
4時間ちょっとの滞在時間しかなく、当初の目的だったWaterford Cystal Visitor Centreへ
行くか迷ったけど、せっかくなので行くことにしました。
なぜかこの日はバスが走ってなくて、なくなく徒歩で移動。。
これだけでも大変な時間のロスだろうに・・・

30分くらい掛けてようやく到着。
幸いツアーが2、3分後には始まるようだったので待ち時間無しで見学することが出来ました。
実際に職人さんが作業しているところが、間近で見ることが出来てかなりきちょうな体験。
d0031087_043153.jpg

d0031087_0432884.jpg

乏しいヒアリングでガイドさんの説明を聞いてみたけど、柄を削るときはその線の太さや模様などに分けて作業が分担化されているようです。

一人の人が最初から最後まで削ると思っていたけど、数をこなすには仕方の無いことなのですね。
ここのCrystalはさまざまなスポーツの舞台で活躍しているみたいです。
テニス、ゴルフ、ラグビーなどのトロフィーとして活躍しているとのこと。
d0031087_0441533.jpg

d0031087_0443022.jpg


ここでDragonFishのモニュメントをSouvenirとして購入。
もうちょっと色々見ていたかったけど、まだ行かなければいけないところが残っていたので
名残惜しみながら、CityCentreへ。
次なる目的地はReginald’s Tower。
アイルランドに数多くある塔のなかでも、保存状態が良い塔らしく
中に入ると、博物館になっていました。これにはちょっとショック。もっと当時の状態で保存されていると思っていたので。
でも優しげな男の人が挙動不審な日本人にニコッっと微笑んで丁寧な接客。
ここでもツアー形式で色々紹介してくれるらしく、もうちょっとで始まるので中を自由に観てて的なことを言われたので
ぷら~っと見学。
いつの間にか若い女性の人が説明を開始。
はっきり言って何を言っているのかさっぱり分からず・・・
それでも全4階建ての塔を一つ一つ丁寧に説明してくれました。
中には、トイレや牢屋などなどの跡があったり楽しめました。

足早に塔を後にして、最後のバスに無事乗車。
今回の英語で自分の英語の上達してない加減を痛感させられたけど、まあなかなかの旅だったかな。
次はDUBLIN周辺をせめなければ!!
[PR]
by smile-key | 2005-08-01 00:41
<< ローミング! 小旅行その2 >>